• トップ /
  • 結婚は婚姻届けを出す必要がある

結婚に必要な婚姻届について

結婚は婚姻届けを出す必要がある

結婚をするために必要なこと

結婚をするということは、これまで他人であった者同士が家族になることです。これを公的に認めてもらうためには、婚姻届を役所に提出する必要があります。届け出は、婚姻届けに両者の署名押印、証人の署名押印、その他本籍地の住所や連絡先、どちらの氏を名乗ることになるのかなどを記入する必要があります。24時間365日受け付けているので、夜間でも役所に行けば届け出をすることができます。ただし、婚姻届けの書類に不備があれば、出直す必要が生じてしまいますので、確実に間違いがないかを確認する必要があります。また、結婚の届け出をする際には、そのほかに本籍地の戸籍謄本が必要となります。戸籍謄本は、戸籍がある自治体の役所でしかもらうことができません。そのため、急に用意しようとしても用意できないので、あらかじめ用意しておくようにしましょう。そうでないと、受理してもらうことができないので、結婚記念日をその日にしたいという時にその日にできないこととなってしまいますので注意してください。また、持っていくと良い物が印鑑です。これは、書類に不備があったときに、訂正印を押して書類を直すことが可能となるためです。万が一に備えておきましょう。

↑PAGE TOP